必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

中古と新築はどちらがベストなのか

不動産投資に、より適した投資用マンションとは、中古なのか新築なのかという観点から、それぞれの特性などを検証していきたいと思います。

不動産投資で、選ぶべき投資用マンションとは?

結論から先に申してしまいますと、初めて不動産投資を行う方が、投資用マンションとして購入するのであれば、新築の区分マンションの方がオススメと言えます。

新築マンションは中古と比べ物件価格が高額であるというデメリットはあるものの、それを補ってあまりあるメリットがあります。

列挙すると、以下のような点です。

  • 長期の空室保証を受けられる可能性が高い。
  • 節税効果が高い
  • 最新技術によって、高い耐久性・耐震性が備わっている
  • デザインや間取りも最新のニーズに応じたものとなっている
  • 施工業者による瑕疵保証が付帯している
  • 条件が同等なら、中古よりも入居者を集めやすい
  • より長期間の保有が可能となり、トータルな家賃収入を増やせる
  • 金融機関から、より好条件の融資が期待できる

 これらのメリットは、初めてマンション経営を行う、未経験のオーナーにとっては、失敗や損失の可能性を大幅に経験してくれる要素になります。
まずは、こうした現実かつ安心度の高い物件を購入することからはじめ、ノウハウを蓄積していくことが賢明と言えるでしょう。
しかし、新築ならば何でもいいという訳ではありません。立地や間取り、設備、デザインといった要素もトータルに考える必要があります。詳しくは「空室リスクの少ない物件とは」のページも併せてご覧ください。 

なお、誤解のないように補足しておきますと、中古マンションには中古なりのメリットがあり、一概にダメという訳ではありません。

購入価格が安価な分、物件によっては高い利回りが期待でき、また新築より価格の下落幅は小さいなどの点もあります。
しかしながら、中古物件の場合、当然ながら設備やデザインなどは古くなっており、修繕費用などもかさむ可能性もあります。

こうしたアタリハズレを見分けるのは、投資初心者にはなかなか難しいという現実があります。

さらには、中古の区分マンションのデメリットとしては、同じ建物内でも、ひと部屋ごとに管理会社が別という事態も珍しくありません。

加えて、たとえ購入した物件自体に問題がなくても、同じ建物内に問題のある部屋があると、資産価値が下がるという現実もあります。

こうした事情故に、本サイトではまず新築マンションのオーナーとなって経験を積み、ノウハウなどを蓄えてから中古も視野に入れるというやり方をオススメしたいと思います。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ