必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

ワンルームマンションとファミリータイプの違い

一棟所有ほど大掛かりな投資や経営をしたくないという人には、区分所有があります。
区分所有にも、ワンルームマンションへの投資とファミリータイプへの投資がありますが、ここで両者のメリット、デメリットを確認してみましょう。

ワンルームマンション経営のメリットとデメリット

投資金額の手ごろさが、ワンルームマンションの最大のメリットと言えます。
中古であれば、たとえ都内でも500万円前後から購入できる場合もあるので、ある程度の収入があるサラリーマンであれば、年齢が若くてもキャッシュで購入できる可能性もあります。
物件をよく吟味すれば、計算上の表面金利が10%を超えることもあるでしょう。

一方で最大のデメリットは、入居率の問題です。
ワンルームである以上、借り手は一人暮らしのサラリーマンや学生が中心となります。
一人暮らしの場合は、立地が入居率を大きく左右します。
駅から徒歩2分と20分の物件では、入居率に大きな差がでることでしょう。
入居率の差というのは、結局、利回り、収益の差になるということです。

ワンルームタイプへの投資をお考えの人は、価格もさることながら、まずは立地をよく検討しましょう。

ファミリーマンションのメリットとデメリット

ファミリータイプの最大のメリットは、ワンルームに比べると入居率が一般的に高めであるという点です。
ファミリータイプは、借り手が必ずしもファミリーだけではなく、一人暮らしからのニーズも高いものとなっています。
求められる立地条件も、ワンルームに比べると緩めです。入居率の高さは、それらが主な理由です。

一方でデメリットは、やはり初期投資金額の高さが上げられるので、通常のサラリーマンの場合、特別な預貯金でもない限りキャッシュで購入するのは難しいでしょう。
従ってローンを組むとなると、もしも空室ができた場合リスクが高くなります。空室がある期間も、ローンの返済は続くのです。

初めてのマンション経営ならワンルームマンションがおすすめ

初心者の人が、まず投資をするのであれば、できるだけリスクの低いものを選び投資することが賢明です。
ワンルームマンションとファミリーマンションのメリットとデメリットを比較して分かるように、初心者に向いているのはワンルームマンションといえるでしょう。ですから、まず狙うならワンルームマンションをメインにして狙うことをおすすめします。

また、ファミリーマンションは初期投資額が高いため、失敗した時の損額も大きくなります。初めてマンション経営する人にはあまり向いていないものなので、うかつに手を出さないようにするのが無難です。
手始めとして、最初は手頃なワンルームマンションに投資してみると良いでしょう。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ