必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

空室リスクの少ない物件とは

不動産投資で失敗しないマンションの選び方という観点から、空室対策としてオーナーができることについて取り上げていきたいと思います。

不動産投資でオーナーが知っておきたい、マンションの空室対策

賃貸マンションを経営するにあたって避けたいことは、まさに空室のリスクです。

空室が長期間続いてしまいますとその分家賃収入が減り、返済計画にも狂いが生じかねません。

安定した賃貸収入を得るためにも、入居者のニーズや人気の度合いなどをしっかり考慮した上で物件を選ぶことが重要です。以下に、主なチェックポイントをご紹介しましょう。

物件の立地

例として東京23区内のマンションは、都心部を中心に西から時計周りに人気が高く、東へいくにつれ低くなっています。
具体的には葛飾や江戸川といった東部よりも、世田谷や杉並といった西部の方が人気や家賃相場が高くなる傾向があります。
しかし、一概に西部周辺だけ人気があるという事ではなく、物件自体の良さや、周辺環境などによって、分譲価格は低いが高い家賃で貸せる場合もあります。エリアのみではなく、これらの要素も熟慮してください。

交通の便

理想的なのは、最寄りの鉄道駅から徒歩10分以内という条件です。
また距離だけでなく、乗り入れている路線の種類も重要です。新宿や渋谷などターミナル駅に乗り入れている路線なら、よりポイントが高いと言えるでしょう。

2駅利用可能というのも強みになります。逆に徒歩10分以上かかったり、バスなどの利用が必要な場合は、マイナスポイントとなってしまいます。

周辺環境

スーパー・コンビニ・学校・病院などの公共施設が物件周辺に存在するのかも、入居の可能性を予想する上で重要な要素です。
逆に、盛り場的なにぎやか過ぎる環境は生活の場としてはマイナス要素となります。
また自動車や鉄道の騒音も考慮が必要です。短時間なら問題ない程度でも、実際にそこで生活する場合は話しが違ってきます。 

デザインや間取り、性能・設備や管理体制

同じような立地や賃料の場合、入居者が部屋を選ぶ決め手となるのは、最新のデザインや間取りになります。また近年は耐震性能や防犯設備などが重視されるので、新築もしくは築浅物件なら十分ニーズを満たせるでしょう。また、管理体制も同様に最新物件の方が充実しています。例えばオートロックや、不在時用の宅配ボックスなどはポイントが高くなります。

上記のポイントに加え、都心部でのマンション経営の場合、もうひとつ空室リスクが低くなるポイントがあります。

それはずばり、単身者向けのワンルームや1Kといった物件を選ぶこと。

都心部は元々入居者ニーズが高い特性がありますが、学生や若い社会人がメインとなる単身者向けは、都心部においてはより高いニーズが望めます。

引っ越しという流動性が高いのですが、その分入居のニーズも豊富。さらに、管理コストという面から見ても、単身者向けは安価に抑えることができます。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ