必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

マンション経営とアパート経営どちらが成功しやすい?

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営とマンション経営。この2つの違いをご存じですか?ここでは、この2つの違いについて紹介していきます。

アパート経営とマンション経営はどちらも同じようなものなのでしょうか

多くの人がマンション経営とアパート経営は同じようなものだと思っています。

たしかに、マンションもアパートも多くの人が住み、家賃によって収入を得るという意味では共通しています。しかし、この2つは実際には似て非なるものであり、全く同じだと思っていると少々ギャップを感じることは多いです。

そのため、まずはこの2つの違いを知りましょう。

マンション経営とアパート経営の違いを比較

アパート経営とマンション経営においてマンション経営のほうが優れていると思う人は多いです。しかし、それは誤りです。実際にはそれぞれに異なるメリットがあります。

ここでは、そのメリットを見ていきましょう。

投資額

投資額を比較すると、なんとマンションよりもアパートのほうが高額になります。その理由は、購入するものの違いです。アパートは建物と土地を購入するため、建物のみのマンションと比較するとどうしても高くなってしまうことが多いのです。

よって、初期費用が少ない場合はマンションのほうが向いています。しかし、アパートは土地が残るので資産価値はアパートのほうが優れています。

収益性

収益性はアパートのほうが優れています。また、アパートは建物すべてを購入するため、部屋1つ購入するマンションと比べてもリスク分散がしやすいです。

耐久性

これはマンションのほうが圧倒的に優れています。アパートは木造のものが多く、火災リスクが高いほか、経年劣化による老朽化スピードも早めです。しかし、マンションは頑丈な構造のため、修繕コストを低く抑えられるので安価で維持することができます。火災以外の災害に強いのもマンションのメリットですね。

管理面

こちらもマンションのほうが管理しやすいです。不動産投資でマンション経営をする場合、その不動産を提供している不動産会社が併せて管理してくれることが多いため、わざわざ管理会社を探す手間が省け、特に準備や手続きで手間がかかりません。

アパートの場合は管理会社探しをしなければならないケースが多く、マンションよりも若干手間がかかります。しかし、それぞれ管理会社が決まったあとの手間は等しいので、初期段階でのみの苦労となります。

手軽さのマンション、利益のアパート

以上のことから簡単に比較すると、マンション経営は手軽さと安定性がメリットであり、アパート経営は利益重視がメリットとなっています。

副業として軽い気持ちで行ないたいならマンションを、少し本腰入れて事業を始めたいのであればアパート経営をしましょう。

なお、どちらも物件探しの時は立地や周囲の環境を考慮しましょう。

アパート経営で必要なこと

もし、アパート経営をするのであれば事前準備が非常に重要となります。

上でも説明したように、アパートは初期費用がかかりますがその分リターンも多く、マンション経営以上に本腰を入れる必要がある投資です。そのため、まずは知識を得ることから始めましょう。セミナー、参考書、インターネットなど、様々な失敗談やノウハウをとにかく学び、色々と知識を蓄えます。

そして、不動産会社選びも重要です。おすすめの物件を探し、周囲の状態を調査しましょう。この時、複数の物件を探し、比較することでより色々なメリットが見えてきます。一つに絞るのではなく、複数の候補を探しましょう。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ