必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

インフレに強いというのは本当?

不動産はインフレに強いと言われます。
物価が上昇すると、マンション経営をすることが有利ということなのでしょうか?

長期的インフレの時代がくる?不動産資産に注目

もしあなたに1000万円の預金があったとします。一生懸命働いてためたお金です。
将来のためにも、投資などのリスクのあるものには使いたくないですよね。
なるべくなら手を付けないで、いざという時のために、預金口座の中へ眠らせておくでしょう。10年間、眠らせておいたとします。

さて10年後。世の中の物価はどうなっているでしょう?

10年前には100万円で買えたものが、150万円になっているかも知れません。
食料品の価格も大幅に上昇しているかも知れません。実際、卵の値段はこの数年で大幅に上昇しています。

しかし一方で、預金口座には10年前と同じ1000万円と、わずかばかりの利息。
確かに10年前に比べて、額面上は金額が減ったわけではないのですが、世の中の状況が変わってしまったばかりに、実質的には目減りしている状態になります。

これが、インフレのリスクです。

バブル崩壊後、国民は無意識にデフレを期待する体質になってしまいました。
世の中のモノの値段が下がれば良い、と願う体質になったのです。
実際、20年以上続いたデフレ下では、預金をすることが有利にも働きました。

しかしどうでしょうか?第二次安倍政権が発足し、黒田総裁のバズーカと呼ばれる金融緩和政策の連発を前に、世の中は長期的にインフレへの道を進み始めています。
それに合わせるように、国民感覚としてもインフレを望む体質になってきました。

そこで、この目減りに対抗する手段として、マンション経営などの不動産資産が最も注目されているのです。

マンション経営がインフレに強い理由とは?

インフレの進行にともなって、預貯金は実質的に目減りしていくことは理解できましたね。
マンションなどの不動産資産は、世の中の物価と一緒に上下するシステムです。
デフレになれば資産価値は下がりますが、インフレになれば上がります。

インフレ政策が長期的に続くと予想される今、マンション経営は自己資産を守る意味でも、投資商品でありながら預金よりも安全資産になる可能性が出てきました。

もちろんマンションなどの建物自体は、老朽化に伴い資産価値が下がっていきます。
しかし、インフレ下では、世の中のあらゆるモノの値段が上昇するわけですから、連動して家賃収入も上昇します。
つまり、マンションは、資産価値としても家賃収入源としても、ともにインフレに強い資産と言えるのです。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ