必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

悪質な勧誘の対処法

ここではマンション経営の悪質な勧誘を対処する方法について解説しています。

増加中!マンション経営の悪質勧誘

近年、悪質なマンション経営の勧誘が増加しています。その内容は、しつこく勧誘してくるだけでなく、脅迫や暴力にまで及ぶケースもあるそうです。

ここで誤解しないでいただきたいのが、マンション経営が悪質というわけではないこと。きちんとした業者と行うマンション経営は、むしろ様々なメリットがあります。

マンション経営に興味がある方は間違った会社を選ばないために、そして興味のない方は無理に契約させられないために、悪質な業者の勧誘について手口や対策方法を知っておきましょう。

悪質な勧誘手口

最初の手口で一番多いのは電話を使ったもの。具体的には、以下のような方法で追いつめてきます。

  • 断っても何度も電話をかけてくる
  • 話を引き延ばして電話を切らせないようにする
  • 早朝や深夜といった非常識な時間帯にかけてくる
  • 理不尽なことで怒り、怒声を浴びせる

このように、ストレスや恐怖を感じるような悪質な電話をかけてきます。

電話の場合、着信拒否をすれば大丈夫だと思っている方が多いようですが、最近の悪徳業者は、着信拒否をしても電話番号を変えてまたかけくることがほとんどです。

そして電話で訪問や会うことを強要され、断れなかった場合(もしくは興味を持ってしまった場合)、被害はさらにエスカレートします。以下は実際に合った被害の例です。

  • 説明を聞きに事務所に行ったら、長時間拘束されてずっと説明され続けた。挙句のはてに、契約しなければ帰さないと脅された。
  • 契約を断ると家族に危害を加えると言われ、土下座させられた。
  • 断るたびに次の約束をすることになり、契約しないと逃げられない状態になった。

他にも、様々なケースが上がっています。

悪質勧誘の対処法

無理な契約をさせられないためにも、悪質な勧誘の対処法を覚えておきましょう。

契約する意思がないことを伝える

まずは毅然とした対応で契約する意思がないことを伝えましょう。面倒になり、感情的になったり中途半端に流したりすると、相手の思う壺です。

また決して面白がって、取り合うことのないように。少しでも興味のあるそぶりを見せてしまったら、後々追いつめられてしまいます。

また少しでも話し出してしまうと、理不尽に言いくるめられてしまうことが多いです。どんなに自分がまともなことを言っても、相手はあれやこれやで言いかえし、挙句の果てには逆切れしてくることも。

無理に契約をすすめてくることや脅すことは、宅地建物取引業法で禁止されています。その旨を伝えて、これ以上行為が続くようであれば通報する (あくまでも冷静に)と伝えて切りましょう。

専門家へ相談

上記のような対処をしてもやめず、エスカレートしてくる場合は行政の担当課へ相談すること。

また脅しや暴力にまで至るような場合は、すぐ110番に通報しましょう。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ