必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

マンション経営に活用できる資格というものがあります

マンション経営に資格は必要?

基本的に、マンションを経営する上で必要な資格というものは存在しません。

ですが、持っていた方が有利な知識や資格というものはあります。特に不動産や投資に関するものは、マンション経営においても非常に有効です。

それでは、マンション経営に役立つ資格について見ていきましょう。

不動産業界の知識をつけるなら宅地建物取引士

不動産の売買や賃貸物件の仲介において欠かせない国家資格であり、不動産業者はそれなしでは宅建業を営むことができない資格が宅地建物取引士です。

宅建とも呼ばれる宅地建物取引士は、勉強をしていく上で不動産投資を行うにあたり便利な知識がつきます。また、不動産仲介業会社でも重要な資格で、宅建業者従業員の5人に1人は宅地建物取引士の設置が必要となります。

必要性の高い資格となっていますので、資格を保持しておけば 仲介業者と入居者からは不動産投資の実力者というイメージを抱かせるでしょう。

実際に経営した際のトラブル解決に役立つのがマンション管理士

マンション管理士の主な業務内容は、マンション管理組合のコンサルタント業務です。

不動産全般の知識に加えてマンション管理の知識が身につく上、マンション運営における総合的なアドバイスや管理組合内の問題を解決することで報酬をもらいます。不動産にあわせて、マンション管理に関する知識を勉強することができます。

将来的にマンション管理会社を立ち上げたいなら管理業務主任者

マンション管理組合からの、委託による管理業務を行うことができるのが管理業務主任者です。

知識面ではマンション管理士と近いものですが、管理業務主任者は将来的にマンション管理会社の立ち上げまでを視野に入れることができます。

不動産実務検定も役に立つ

上記3点は国家試験ですが、不動産実務検定は健全な経営をしたい大家さんや、これから不動産投資を検討している人に最適な試験となっています。

日本初の不動産投資専門資格となっていて、不動産の管理と投資について詳しく勉強をすることができます。ほぼ毎日試験が実施されていて合否もその場で分かるため、国家資格よりも気軽に受けることができるのが大きなポイントです。

資格を取得してマンション経営に役立てよう

マンション経営には不動産関連の知識、民法、マンション管理の知識など、様々なものが必要となってきます。

管理業者に代行してもらったり、仲介業者や委託業者にサポートしてもらったりすることで専門的な知識がなくても成り立つマンション経営です。

しかし、投資家としてステップアップするために自身で学んでみるのも、効率的に経営していくカギとなりますので検討する価値は大いにあります。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ