必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

生命保険の代わりになるというのは本当?

マンション経営による資産運用が、生命保険の代わりになるというのは本当でしょうか?
どのような仕組みで生命保険としての機能が生まれるのかを説明します。

マンション経営で資産運用をすると生命保険の代わりになる仕組み

マンション経営は、家賃収入や資産価値の向上、相続税対策など、オーナーに様々なメリットをもたらします。
それらメリットの中でも、よく話題となるのが生命保険としての機能です。

なぜ、マンション経営が生命保険の代わりになるのでしょうか?
理由は、団体信用生命保険、通称「団信」にあります。
団信とは、マンションなどを購入するために、金融機関でローンを組む際に加入する制度です。
ローンの返済中に、オーナーに万が一のことがあった場合、その後の返済は団信が肩代わりして支払ってくれるというもの。

これによって、遺族はローンの残りを返済する必要はなくなり、マンションから入る家賃は、遺族に収入として入り続けます。
ここで、通常の生命保険と団信を比較してみましょう。

通常の生命保険の場合、月々の保険料を支払い、契約者に万が一のことがあった場合、遺族には保険金が入ります。
団信の場合、月々の保険料を支払う必要はありません。
ローンの利息を支払うことになりますが、契約者に万が一のことがあった場合、ローンが消滅し、遺族には家賃収入がそのまま入ります。

いかがでしょうか?生命保険とかなり似た機能を持つと思いませんか?
違う点と言えば、団信の場合に遺族に入るお金は家賃収入なので、生命保険とは違い、一括ではなく月々に分散されて入るという点。
しかし、家賃収入という形ではなく、売却すれば、生命保険金と同じように一括でお金が入ります。

また、生命保険金とは違い、家賃収入の場合は、入ってくる金額に、理論上、上限がありません。
マンションが維持されて、住人がいる以上、家賃収入は長期にわたって入り続けます。

ついでながら、オーナーに万が一のことがなくローンを完済した場合には、「土地付きの建物」の相続となり、金融資産を相続するよりも相続税率をかなり引き下げられるというメリットもあるのです。

マンション経営者なら全員団信に入れるの?

団信は、金融機関からのローン返済に対する保険金のようなもの。
当然ですが、ローンを組んでいない人、またはローンを完済した人などは入ることができません。

また、生命保険には、若くて健康な人ほど保険料が安くなるという仕組みがありますが、団信にも、これに似た仕組みがあります。
加入には審査があり、若くて健康な人ほど審査に通りやすいというものがあるのです。

したがって、マンション経営を始めるならば、「相続などはまだまだ先のこと」などと考えずに、なるべく若いうちが良いということになります。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ