必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

マンション経営の頭金って?

マンション経営を考えるときに、最初に気になるものの一つに頭金があります。
実際、頭金はどれくらい必要なのでしょうか?

この問題と切っても切り離せない融資の問題とからめながら、頭金について考えてみます。

マンション経営で必要な頭金の額は?

マンションを建設する際に必要な頭金の額は、目安ですが、建設総費用の20%~30%と言われます。
1億円のマンションを建設する場合は、2000万円から3000万円は必要ということですね。

業者によって頭金の額には違いがあり、また最近では頭金なしという業者もあります。
実際に建設を検討している人は、自分の状況に合った業者を慎重に比較しましょう。

そもそも、マンション建設費用の全額を自己資金で用意ができるならば、頭金の問題も含めて、何も問題はありません。
しかし、実際にはほとんどの人が金融機関からの融資を受けての建設となります。
頭金をどれくらい出しているかによって、金融機関の融資の可否も判断され、融資の額も異なってきます。
そういった意味でも、頭金はマンション経営において、とても重要な意味を持ってくるのです。

頭金の額が融資額も左右するの?

頭金の目安は、20%~30%と上で述べました。
確かに金融機関でも、この30%を、融資の一つの目安としているようです。
物件の建設総費用の30%を頭金として払っている人には、残りの費用を融資してくれる金融機関が多くなっています。

ところで、頭金を出していない人は、金融機関からマンション建設費用の融資を受けられないのでしょうか?

結論から言うと、頭金0で、全額金融機関から融資を受けるのは、実質的に難しいと言わざるを得ません。
マンションなどのような収益物件の建設費用について、金融機関は頭金の額を重視しているからです。

しかし、頭金0の人でも、収益物件向けのローンでなければ融資は可能です。
たとえば、住宅ローンとして借り入れた資金で自宅としても使用するマンションを建設する、ということならば、頭金0でも融資を受けられる可能性は高くなります。
もちろん、建設するマンションの規模は限られてきます。

住宅ローンの場合は、収益物件向けのローンとは違って、単純な信用審査だけで融資を受けることができます。
安定な収入のある公務員や会社員であれば、過去に大きな金融事故歴でもない限り、融資を受けられるでしょう。

なお、住宅ローンを借り入れる場合、頭金はもちろん不要ですが、年収も300万円から400万円程度あれば、通常は審査をパスします。

※住宅ローンは、あくまでも自宅建築に使う目的の融資です。
マンション建設費用に関しては、きちんと必要な頭金を準備して、収益物件の建設を目的とした正規の融資を申し込むことをお勧めします。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ