必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

年金代わりになるというのは本当?

年金の代わりに、マンション経営で資産運用をする人が増えています。どのような仕組みで、マンション経営が年金として働くのでしょうか?

マンション経営で資産運用をすると年金代わりになるのか?

年金の代わりとしてマンション経営をする人がいます。

厳密にいうと、年金に加えたプラスアルファの資金を得るための方法が、マンション経営だということです。

どのような仕組みなのでしょうか?本来の年金と比較してみます。

本来の年金は、会社からの給与天引きの形、または月々の国民年金の納入という形で、老後に備えてお金を積み立てておきます。

一定年齢に達すると、月々の生活費としての年金が入る仕組みです。

一方、マンション経営は、マンション建設費用のローンの支払いなどといった形で、月々の支払を行います。

ローンの支払いが終わると、月々の生活費として家賃収入が入る仕組みです。

一定時期が訪れたら定期収入が入るという仕組みにおいて、年金もマンション経営も共通しています。

また、マンション経営の場合は、ローン支払いの最中にも家賃収入が入り続けるため、その収入をローン返済に充当できるので、通常の年金よりも有利といえますね。

年金受給額の平均を知る

月々の国民年金の納入という形を取っていたり、給料から天引きされたりしている厚生年金ですが、将来実際に受け取る時はどのくらいの値段になるかということを知らない人は多いのではないでしょうか。

年金受給額の平均は、平成25年度では国民年金のみが54,622円、厚生年金保険加入者が148,409円となっています。国民年金と厚生年金は加入期間によっても変わってくるので、一概にこの程度とは言えません。

しかし国民年金だけの場合でも、未納がなくしっかり納めた人はもう少し支給額が多くなります。また、厚生年金で平均よりも年収が少ない場合にも報酬比例分が少なくなるので、受け取れる年金はその分少なくなります。

今後どのぐらい減額されてしまうのか

年金には「完全自動物価スライド制」という制度があって、物価が上がれば上がるだけ年金の受給額が上がり、逆に物価が下がれば下がるだけ年金受給額も下がる仕組みとなっています。この制度がうまく働かず貰いすぎた時期が発生していて、それを見直して新しい制度に変えるために、段階的な減額が進められています。

制度の変更によって今後も年金の支給は絞られる可能性の方は少なくありませんので、注意していきましょう。

年金だけで老後の余裕ある生活は送れる?

定年退職をし、ある程度の余裕のある老後生活(通常の生活に加えて、多少の趣味や年に何回かの旅行)を送るためには、夫婦で月に約40万円は必要と言われています。

財政難の昨今、年金も収入とみなされて、原則的には所得税や住民税が課されますので、手取り額で40万円を維持するのは極めて困難と言えるでしょう。

まして今後のインフレ政策を考慮すると、月々40万円では、夫婦の生活が非常に厳しくなるでしょう。

年金受取開始年齢からの平均余命に、月々の生活費40万円を掛けると、約1億円もの老後資金が必要になってきます。

病気や介護のための出費も別途発生するでしょう。

インフレを考慮せずとも、支払額と受取額のミスマッチがほぼ避けられない現状の年金において、余裕のある老後の生活はとても難しいと言わざるを得ません。

マンション経営を年金として活用するメリットは?

年金だけでは老後の生活に不安がある以上、理想的なのは、年金プラスアルファの収入源を作ることです。

老後の安心した生活を、あらかじめ自分で準備しておくということですね。

不動産であれば、将来のインフレリスクに対しても、評価額や家賃の変動で対応できます。

マンション経営が年金代わりとして人気があるのは、このような背景があるのです。

マンション経営収入により年金が減額される恐れはないのか?

基本的に厚生年金に加入して、60歳以降も働いて給与を受け取る場合は年金が減額されてしまいます。

しかし家賃収入は労働報酬とはみなされません。そのため、マンション経営収入によって年金が減額されることはありません。退職して厚生年金の被保険者資格を喪失すれば、マンション経営の収入や、他の共済などからくる収入は年金厳格の影響とはならないのです。

ただ、年金は減額されなくても、収入分の課税はかかるので注意しましょう。

節税対策をしっかり行い支出の負担を軽減する

会社員として働いている場合、不動産経営は節税対策としてとても有効です。不動産経営による必要経費は家賃収入から差し引かれるため、申告所得としてはマイナスになることが多いです。

これを利用して、不動産所得と給与所得を合算して確定申告を行います。そうすると、所得税の還付と住民税の軽減を受けることができるのです。

更にマンションの場合は固定資産となるため、固定資産の評価が減ると税金が更に安くなります。具体的にどういった項目で評価減となるかは、下記となります。

  • 貸家建付け地収益物件としての評価減
  • 小規模宅地収益物件の評価減
  • 建物の固定資産税評価との差による評価減

このように、マンション経営は税金対策としても非常に効果的なのです。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ