必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

サラリーマンが行なうマンション経営

サラリーマンはマンション経営に向いている?

マンション経営をしたいと考えているサラリーマンの皆さんのために、サラリーマンによるマンション経営のすすめを紹介します。

Q:老後の蓄えとしてマンション経営を始めたいが、サラリーマンでもできるのでしょうか

A:むしろ、サラリーマンだからこそマンション経営はオススメできます。

その理由は、不動産投資ローンです。本来、不動産投資を自己資金だけで支払うというのはよほどの大金を持っていない限り不可能です。そのため、大抵の場合は不動産投資ローンで融資を受け、それをもとに不動産投資を行なうことになります。

この不動産ローンは誰でも融資を受けられるというわけではなく、サラリーマンなど定期的に収入を得られる人間しか審査に通ることはまずありません。バイトをしているフリーターでも融資を受けられる可能性はありますが、サラリーマンに比べると審査がはるかに厳しくなります。

つまり、サラリーマンの場合融資を受けやすいため、マンション経営はさほど難しくはないのです。

マンション経営に成功したサラリーマン

サラリーマンをしながらマンション経営は、さほど難しくはありません、実際に、インターネットで検索すれば多くの人がマンション経営を行なっており、成功を収めています。

中にはマンション経営だけで年間300万の収入を得ている人がいる他、脱サラしてマンション経営だけで生活をしている人もいます。

これら成功例は極めて稀なケースというわけではなく、多くの人が成功を収めているのです。

もちろん、成功ばかりとは限りません。中には逆に失敗し、赤字を出しているケースもあります。失敗している人の殆どは、無策かつ何も勉強せずに投資を始めた人がほとんどです。

投資という性質上、マンション経営は運が全てだと思っている人もいますが、実際には違います。マンション経営は、勉強し、様々な知識を蓄え、多くの人のノウハウを学ぶことで収入を得られやすくなります。つまり、勉強した量が成否を分けるのです。

もし、セミナー参加や参考書にかかる費用をケチろうとしているのでしたら、まずはその考えを改めましょう。不動産投資は長い期間をかけて元を取っていく事業であり、初期投資によって成否を大きく分けるのですから。

なお、参考書で勉強する場合は中古本での購入はおすすめしません。投資のノウハウは時代とともに変化するものであり、今と昔ではノウハウが異なっているケースが多いのですから。

意外と簡単な確定申告で税金を安くする方法

マンション経営をする上で切っても切れないのが確定申告です。マンション経営出えた収入分の税金を納めないと脱税とみなされてしまいます。

「確定申告」と聞くと、多くの人がゲンナリするかと思われます。非常にややこしい手続きをし、時間がかかりそうだなあと思っている人は多いのではないでしょうか。いっそ税理士におまかせするという手段もありますが、そんなことする必要はありません。

実は確定申告はそこまで難しいものではありませんし、青色申告にすることでかかる税金を10万円ほど減らすことができます。

その方法は、期日までに税務署に行き、青色申告の希望をし、後は指示に従って必要事項を記入するだけです。

最初のうちは見本や指示に従って書くのでやや手間がかかるかもしれませんが、一度やり方を覚えるとものの数分で作業を終えることができます。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ