必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

マンション経営の相続税対策

マンション経営は相続税対策になると言われます。
その理由はどんなものなのか、また注意点はあるのでしょうか?

なぜマンション経営が相続税対策になるの?

話を分かりやすくするために、すべて仮想の価格、仮想の税率で説明します。
あなたは、親の土地を相続することになりました。
土地評価額は1億円。相続税率は50%。この場合、相続税は単純に5000万円です。

さて、この1億円の土地に、相続前の段階において、建物価格1億円のマンションを建設したとします。
これを相続する場合、単純に土地を相続するのとは違い、「建物付きの土地」を相続することになるのです。
建物付きの土地を相続する場合は、土地の評価額が2割引き、建物の評価額が6割引きとなります。

つまり、評価額1億円の土地は8000万円、評価額1億円のマンションは4000万円とみなされます。
合計評価額は1億2000万円。
実際には2億円の評価額ですから、差し引き8000万円分が非課税になります。

以上が、マンション経営における相続税対策の理屈です。

しかし、ここで一つの疑問が浮上します。
確かに8000万円分の非課税枠を作ることはできたものの、課税対象としては1億2000万円となってしまいますよね。
土地だけを相続する場合の1億円よりも納税額が大きくなるのでは、という疑問です。

しかし、土地の上にはマンションがあるので、長期的に収益をもたらします。
土地だけを遊ばせておいても収益はあがりません。
だからこそ、土地を相続する場合は、上にマンションを建てたほうが、トータルでお金の節約になるのです。

借金でマンション建設をしたら節税になる?

上で述べた例において、マンションの建設費用1億円を銀行から借り入れたとします。
この場合も相続税対策になるのでしょうか?

結論から言うと、借金であろうが現金であろうが、節税効果は変わりません。
かつてバブルのときに、相続税対策として、借金でのマンション建設がブームとなりました。
確かに借金でマンションを建設しても、上で述べたような理屈は適用されますので、節税対策にはなります。

しかし、借金ではなく手持ちの現金でマンションを建設しても、結果は同じです。
むしろ、借金にともなう利息の支払い分が出費として加算されてしまうので、借金派のほうが現金派よりも、少し不利になるでしょう。

よって、もしマンション経営で相続税対策を検討する場合、現金があるならば現金でマンション建設をしたほうが有利になるという解釈が成り立ちます。
バブルの時に流行った「借金をすると節税になる」という理屈は、今や都市伝説なので注意しておきましょう。

やはりマンション経営は節税になる!

相続税対策としてのマンション経営を検討する人は、注意点をよく理解しておきましょう。
マンションの将来の収益や、親族同士での相続争いなどの不安もありますが、これらの点もしっかりとクリアできるならば、やはりマンション経営は十分な相続税対策になります。
検討される方は、一度専門家に相談してみるのが良いでしょう。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ