必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

ローン設計について

マンション経営/マンション投資における、ローンや利回りについて、どのように計画を立てシミュレーションすべきかについて解説していきたいと思います。

マンション経営/マンション投資で大切な、ローンや利回りのお話

その場合に重要になってくるのが、ローン計画の立て方と利回り(投資した金額に対する利益の回収割合)になります。これらのポイントについて、ご紹介していきましょう。

頭金は物件価格の2~3割

マンション経営においては、購入する物件の価格に対し、20~30%程度を頭金として用意するのが望ましいと言えます。
頭金0円で返済をすべてローンで賄うことも不可能ではありませんが、投資という観点からはあまりオススメできません。その分返済期間が伸びてしまい、購入した物件の資産価値が、徐々にではありますが、下がっていってしまうからです。 

月々の返済額と家賃収入額との関係

ローンの返済額を月々幾らにするかについては、ひとつの目安として「家賃収入額から10%~20%程度を差し引いた金額」というのがあります。
その理由としては、マンション経営には諸経費というものがついてまわるからです。物件管理費や修繕積立金、そして固定資産税などがその代表格。これらの費用を確保しておくという意味から、月々の返済額は家賃収入全額ではなく、余裕を持たせておくべきなのです。 

金利については、事前にしっかりシミュレーション

住居用物件の購入時は固定金利タイプのローンも珍しくありませんが、投資用物件を購入する場合、多くの方が変動金利タイプのローンを利用する傾向が高いようです。昨今はいわゆる超低金利時代が続いているためお得感がありますが、将来的にこの状況が続くとは限りません。金利が上昇した場合の返済プランなども事前にしっかりシミュレーションしておき、返済プランが大きく崩れないよう計画しておくことが大事です。
なお、変動金利といっても5年間は返済額が変わらず、変動する場合の増額率は25%までという規定があります。この点もしっかり踏まえておきましょう。 

団体信用生命保険で、万一の際も安心

「マンション経営のメリット」のページでも述べていますが、投資用物件のローン契約時に団体信用生命保険というものに加入することで、万一途中でオーナーが亡くなった場合でも保険でローンを完済でき、遺族の方はローン完済済み物件を相続することで家賃収入が得られます。場合によっては物件を売却しまとまった現金を手にすることもできます。この点こそが、マンション経営が生命保険の代用になるという所以です。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ