必読!マンション経営で成功するためのポイントまとめ

マンション経営初心者でも安心の不動産投資会社5選はこちら

マンション経営のメリット

マンション経営には、節税対策や高い利回り、生命保険の代用などのメリットがあることを解説していきたいと思います。

節税や高い利回りなど、マンション経営のメリットを徹底解説!

「マンション経営とは」のページでも触れています通り、マンション経営には他の投資にはないメリットが享受できるという大きなメリットがあります。

株式や外国為替取引などと比べれば、一定期間で得られる儲けは決して大きいものではありません。しかし、逆に損失を被るリスクは比較的低く、長期間に渡って安定した利益を得られる期待がもてるという性質があります。

住宅ローン返済や諸費用は必要になりますが、家賃収入が得られ、借り入れの返済時にかかる経費や免税などが認められるので、キャッシュフローを計算するとプラスになります。当然マンション経営には空室によるリスクなどがあり、予想していた金額の家賃収入を得ることができるのかという不安もありますが、一括借り上げ・無料管理サポートなどのサービスを提供している会社を上手く利用することで、リスクヘッジを行えます。

加えて、マンション経営は、株式・預金といった他の投資よりも大きいメリットがあります。それでは、具体的に説明しましょう。

利回りの良さ

定期預金・生命保険の利回りが低くなっているのに対して、家賃収入による利回りは現在も高い水準を保っています。例として現金2,000万円を0.23%の金利で10年間定期預金した場合、利息は年に46,600円にしかなりません。一方、2,000万円でマンションを購入し仮に月80,000円の賃料で貸出した場合は年間96万円となり、利回りは約4.8%となる計算になります。株式や他の投資商品に比べても高い利回りとなっており、地価が安値となっている今こそ、マンション経営を始める絶好の機会と言えるのです。

相続・贈与税対策に

現行の税制システムにおいて現金はその額面、有価証券は時価評価に伴い課税されます。一方、不動産の場合は、固定資産台帳・路線価方式などによる評価額が課税の適用対象となるため、実際の課税対象は、時価の1/2~1/3程度となる利点があります。また、住宅ローンの借入金がある場合は債務控除として評価される上、建物を第三者に賃貸していると、評価額は30%の控除も可能になるのです。

生命保険の代わりに

マンション購入に住宅ローンを利用して建設すると、団体信用保険に加入する流れとなります。これはオーナーが死亡した際、ローンの支払いが保険によって返済されるもので、遺族の方には支払いを完済したマンションが残されることになります。遺族はその後の家賃収入も継続して得ることができ、場合によっては売却して現金を得ることもできます。

以上の通り、マンション経営は短期で利益を産むことは困難な反面、長い目で見れば大きなメリットがあると言えます。

特に節税や生命保険の代用といった利点は、マンション経営ならではのもの。将来的に、大きなプラスをもたらしてくれる期待が持てるのです。

あなたにマッチした不動産投資会社を診断!
Q1 「マンション経営」の経験がある

ある
ない

Q2 マンション経営をしたい物件は?

新築
中古

Q3 現状・過去の不満点は?

収益
保証内容
投資会社の対応

Q2 マンション経営したい地域は?

都内
海外

Q3 初期費用・頭金について

用意できる
厳しいかも…

Q4 投資会社選びで重視したいのは?

会社の知名度
安定した収益
サポート体制

マンション経営成功のための基礎知識
失敗しない投資用マンションとは
初心者でも安心! マンション経営のパートナー会社リスト
オーナーの声から学ぶマンション経営のコツ
マンション経営のQ&A

ページの先頭へ